· 

清く正しく生きるのに疲れた人へ

    清く正しく生きると決めた時、正直に生きてみようとした時、その信念とは真逆の人たちがとても目につくようになったり、こんなふうになりたくないとう人が寄って来るようになりますよね。

 

 清く正しく生きることを大切にできない時期があったり、清く正しく生きることを選択しない時期もあるんです。 心のゆとりがない時や自分で解決しなくてはいけない問題が山積みで、いっぱいいっぱいになってしまいつい、人に冷たく接してしまったり、思いやりが無くなってしまう時もあるものです。

 

 私もそんな時があったので、清く正直に生きようと思いました。

 

  自分は清く正しく生きていきたいのに、こんなに世の中は病んでいる。。。

 と落ち込む方も少なくないのでは。

 お釈迦さまもそんな道を歩んだようですよ。 

  ではどうしたら悩みから解放されるのかまとめてみます。

 

 ブッタの言葉で、”人生は苦悩に満ちている” は有名ですが、これは一つ目の気付きで、お釈迦さまが悟る段階に体験した、まさに清く正しく生きようとする時に皆さんが通る道・登竜門のようです。

 ”人生は苦悩に満ちている” というのは悟りの第一歩!? 

 つまり、
 ・第1の気付き
 ”不条理なことへの執着が、悩み苦しみの元である” と気づくこと。

 

 自宅に帰り一人になっても人の言動が頭から離れない状態。

 世の中の不条理な出来事が頭に残ってしまって離れない状態。

     これが苦しみの元!

  

 そういった人達への執着や何かに対する執着・依存は苦しみの元だ! 

  と気付けばそれは1つ目の気付きだそうです。

 

執着してしまうと客観的になれず、柔軟性を失い、解決策となる発想が生まれなくなりがちです。批判だけしても解決しませんし。

 

   ではどうしたら執着から解放されるのか。

     
 ・第2の気付き・・・(滅諦/めったい)
”執着によって悩み苦しみが存在してるのだから、執着をなくせば、悩み苦しみはなくなる” という悟り。

 

  周りの人の好ましくない行動や言葉、考え。 人付き合い、不条理な出来事を発見すると、一人になってもそういった人達・出来事が頭から離れない。。。  これは執着・依存しているんです。

 お釈迦様は、この執着を絶つ事が出来れば、苦しみが減ると説いてます。

 

 ブッタは禅により執着を絶たれましたが、執着を絶つ方法は他にもあるはずです。

 例えば、スポーツや映画、音楽も執着を絶つ手助けをしてくれるます。

  10秒間、植物や動物・何にでも集中するとストレスは軽減されるとか。

 

  何かに集中している時、執着を忘れることが出来ますね。

  執着をとる手段として、15分〜のウオーキング、軽い運動をオススメします。

 

 ・第3の気付き・・・(道諦/どうたい)
”悩みや苦しみは、こうでなければならない、ああでなければならない、こうすべきだという「とらわれ」や「こだわり」が自分自身をしばりつけている状態である。 
 したがって、滅する(執着を捨てる)ということを、日常生活のあらゆる場面で実践していけばよい” という悟り。

 

  清く正しく生きる ということに執着していませんか?

 無理に清く正しく生きても、リバウンドでストレスがたまってしまう事もありますよ!

  一定期間のこだわり、とらわれは後に人間の器を大きくする課程で必要であったり、作品作りには必要不可欠かもしれませんが、こだわり過ぎ、とらわれ過ぎがずっと続いていると、客観的にみて自由を奪われた状態ですので、苦になり得ます。

  プライベートの時間をしっかり確保して臨機応変に生活してみるのもいいと思います。 

 

イエスキリスト・ブッタ・マザーテレサは清く正しく生きるぞ! 

 何が何でもこの世を救うぞ! ”う~” なんて力んでそのことだけにとらわていなかったはずです。 

  考えの執着を滅する。 考えの断捨離。 考えを消していく。 考えたく無い空想に赤文字で大きくバツ印、Xを付けてみる。 必ず消えると信じる

 依存や執着を一日の中で無くす時間→心を元気にするエネルギー充電時間を作ってみる。

  毎分・毎秒、考えの執着をを絶つ時間が一日の内に少しだけあっても良いと思います。 

 その方が自然と清く正しくなれるかもせれませんよ。

 

 自分をコントロール出来ないほど何かに執着するというのは辛い状態?

 執着が苦しみを生むことってありますよね。

良い事をしようという執着でさえも苦しみを生んでいる可能性があるかもしれませんね。 

   

  私は宗教に属していませんが、神様の存在は信じてます。

  1)精霊・守護霊・守護神は仏教・キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教、全ての教えにおいて共通で信仰され認められている存在ですので、存在確率は非常に高いんです。

 あなたを愛し見つめてくれている存在、 

 守護霊・守護神の存在を受け入れてみても、悪い事はないんじゃないですか。

 

 2)他人(家族も含む)の言ったことを鵜呑みにしていませんか?

   人の言ったことをそのまま鵜呑みにしないで下さい。

 (愛しい人・大切な人が言った事でも、いつも100%正しいとは限りませんから!)

 

 3)いつも頭の中に誰かがいて心の平静を保てていない時は、

   自分だけをしっかり見る時間を作ってください。

  (自分以外のことは考えない時間を作ってみて下さい)

   宇宙のエネルギーに繋がってエネルギーを充電して下さい。

 

 ” 宇宙の無限なエネルギー(タオ)に繋がっている人は、 

 心・考えの全てを今、ここにいる自分だけに使っている人である ”  (老子)

 

 4)辛い事はづっと続きません。 必ず改善策があります。 状況は自然と変わります。

辛い出来事はあなたの器を大きくしてくれたり、生き方を変えるチャンスだったり、今まで気が付かなかった事を教えてくれたり、何でもない普通の生活が素晴らしい時間と自由な生活だということを教えてくれたりしますよね。

 

 私にとって、こだわりは人生に必要な経験で何かを本気で極めたい時には誰もが通る通過点だと考えています。  

 

 仕事を極めるためのこだわりは必要ですが、こだわりたくない事、必要なない執着には上手く想念の転換をして切り替えられるようになって、前にすすみたいですね。

 

それでも執着心が取れない時は、明日の10時にこのことを考えよう!と脳に伝えるとあなたの脳は素直に受け入れ考えたく無いことを止められるという大学の研究結果も出ています。

 実際に次の日の10時に考えると大幅に執着して考える時間が減るそうです。

 

 お疲れになったあなたの気持ちが少しでも落ち着くヒントになれば幸いです(-_-)

 長文を読んで頂きありがとうございました。

 

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 リオデジャネロの裕子さんからこんなお手紙が届きました。

 

人間は、正しい人であればある程、自分の想いや、行為の誤ちに把われやすいものであり、その誤ちを、いつ迄も追求してゆきがちなものなのです。

自分はこんなに道を求めながら、何故いつまでも、このようなよからぬ想い(怒りや妬心や欲心等々)が出てくるのであろう、自分は駄目な人間なんだ、と遂には自己卑下の心になり、自己嫌悪の心になってしまい、次第に勇気をなくしていってしまいます。

 このような生き方をしていれば、余程勇気のある意志の強い善人でない限り、みなが、その日その日の想念行為に臆病になってしまって、本心の命ずるままの、生々とした生き方が出来なくなって、小さな観念の殻に閉じこめられてゆき、大事を為す人物には成り得ません。従って、悪人といわれるような、いわゆる良心の声に耳の遠い、図太い人間たちの行動力に圧倒されて、いつまでたっても、良い行ないに生きようとしている人たちが、下積みの生活に甘んじ、小さく小さくなって、この世を送らなければならないことになってしまいます。

 

 善人が堂々と、勇気をもって、本心のままに、この世の生活を行じてゆけぬということは、人類にとって、非常な損失であるわけです。私はこのことを憂いているのであります。人間は善にも悪にも把われてはいけない。把われの多い程、その人の心の自由は失われてゆき、立派な仕事が出来にくくなるのであります。

 現今までには、種々様々な、宗教的指導者や、修養についての先達が現れておりますが、この人生が、いつまでたっても善人が安心して生活出来ぬ状態がつづいているのは、善人という人々が、善悪に把われ過ぎて、その行動力に敏速果敢な、図太い行動面が損なわれていたからなのです。

 

 ★形式的に良い事・善人の行動にとらわれてしまうと、自由がなくなり、うわべだけの善人になっていまう!

  ということでしょうか。  

           
     禅で宇宙とつながる・マインドフルネス・自由心 
 
 整体をしながらブラジル国内を旅していた時、徳田先生という禅のお坊様に大変お世話になりました。 
  金のない僕をゴイアニアの高級スパやリオデジャネイロの豪邸に案内してくれて無償で住ませてくたうえに仕事まで紹介してくれました。   
 ブラジルではブラジル人に優しくしてもらいましたが、徳田先生には住む所から仕事まで大変お世話になりました。
 
 曹洞禅、徳田先生のお話しを聞きに来るブラジル人が毎日朝から晩までひっきりなしに
 お部屋の前に列を作って待っていて周りで働く曹洞禅のお弟子さんも部屋の中から聞こえてくる徳田先生のお話に耳を傾けながら 僕が話しかけると ” しっ! 聞いてるのよ 勉強になるでしょ ” と言いながら掃除や作業をしてました。
 皆が聞きたがる徳田先生のお話し。
 何を話してるのかというと、ポルトガル語なので。。 分かりません。。。
 
 ある日、突然徳田先生は僕を禅に誘ってくれました。 
 禅はしたこと無いんですが大丈夫ですか?? (;・∀・) と私。
 
  徳田先生は僕の目をみつめて
 
    ” 宇宙に行くからな ”     
  
 ?えっ? センセイ そんな真顔で。。  分かりました! やってみます! はい!
 
  ブラジルには徳田先生が立てた禅道場の寺がいくつかあるのですが、オロプレットの禅道場で人生初めて禅を組むことになりました。
  金髪のお坊さんの格好をしたブラジル人女性に禅の座り方、目は閉じず少しだけ開けて、床と壁の間の線を見るのよ。などなど知らないことを沢山教えて頂きました。 
  その女性にも最後に
  ” 宇宙に行けるのよ ”  と言って立ち去りました   ” ?? ”   
 
     うっ 。。 宇宙服いらないんっすか??  アハッ  アハハ
  
 その日は宇宙に行けませんでした。
 日本の禅をプラジルの女性に習うの??という自分のプライドとか余計なものが心の周りにあって深い意識とつながるのを邪魔してました。 
 全く知らない禅の世界で無償でお世話になっているにもかかわらず、何も出来ないのに僕は禅の国から来た日本人なんだ。という恥ずかしいプライドが謙虚さをかき消してました。
   今想うと、気持ちも外に向かってしまい、内には向いていませんでした。
   僕に禅を教えてくれた女性も、徳田先生も毎朝4時に起きて禅を組んでました。
   本気です。
    嘘ついて僕を誘っても何の得にもなりませんから。
 
  その後、はっきりと宇宙につながることができました。 
  宮古島で。
 
   つづきは今日のはれるや整体院で。
     興味ない方はスルーして下さい。

  

 整体料金 ・ 対応症状  

  整体料金

宮古島市街地から徒歩3分

 宮古神社のとなり。

はれるや整体院

宮古島市平良西里5-5

宮古島で日本伝統整体

ご予約お問い合わせ

0980−79−5070

予約制です☆

 受付時間

 10:30~19:00 

 営業時間

 10:30〜21:30

 不定休

 

 無痛整体以外にも!! 

・鍼灸

・カイロプラクティック

・美容鍼 

針やお灸を使った治療も

鍼灸師さんが対応します!

 

 ◎美容鍼◎

 肌質改善、リフトアップ、

 ターンオーバーを助けるための脳脊髄液循環改善、

内臓調整、主に顔。頭、手足、お腹など症状に合わせて対応します。

美容鍼希望とお伝えください。

美容鍼料金:5000円

 

電話予約の際は

カイロプラックティック、

鍼灸治療を希望とお知らせ下さい。 

   

 

  お問い合わせ・ご予約 

☎︎0980−79−5070

受付時間: 10:30~19:00

整体施術: 10:30〜21:30

      予約制

   ご予約をお願いします。

  

メール予約・問い合わせ可

tarotinho@gmail.com

     不定休

 

ご希望の時間帯ではご予約出来ない場合がございます。

その際は予めご了承ください。

院内の様子をチェック!
モリンガについてこちらをクリック!
整体術セミナー 健康と元気をサポート 稼ぐ技術
宮古島はれるや整体院トップに戻る

※全ての症状に効果を保証する整体術ではございません。

 

 医療行為ではありません。

 

 筋肉の緊張・体の歪みを元の状態に戻していくための整体です。

 

痛みがひどく、骨折・脱臼の可能性がある場合は整形外科の受診をおすすめします。